必殺雨漏り修理人の自己紹介

毎日、防水工事で忙しい埼玉県さいたま市南区在住の『必殺雨漏り修理人』、職人社長の安藤です。

画像の説明

僕は雨漏り調査見積りなどの事務仕事をしながら、現場に出て屋上防水、バルコニー防水、外壁防水塗装などをしている「職人社長」です。
「職人社長」・・・
この響き、僕はとても気に入っています。

なぜ、雨漏りの修理をしているのかというと、
雨漏りを止めた時のあの達成感が癖になっているからです。
だから、'雨漏り修理'が好きなんです。

特に何年も原因がわからず、半ばあきらめていたような雨漏りを止めた時の達成感は、最高です。
この達成感があるからこそ、雨漏り修理をやめることができないで、いまだにやり続けています。

画像の説明

雨漏りの調査・診断・修理、屋上防水改修工事から緑化防水、屋上緑化、店舗の庭造りなど、僕は実際に現場に出て作業をしているので、今までに現場から学んだことは数え切れないほどあります。

その為、その経験から得た知識を知恵として雨漏りの調査・診断・修理・防水補修工事に生かしています。

僕は雨漏り診断士であり、1級防水施工技能士、1級造園技能士、ガーデンデザイナーでもあり、また屋上緑化のプランナーでもあります。

画像の説明

防水工事と造園工事は畑違いの業種ですが、もちろんしっかり学んでこれらの資格を取得しています。

・・・世の中には、僕のように変わった人もいるのです。(良い意味で)

恐らく、日本中探しても、防水・造園・屋上緑化・ガーデンデザイナーの資格を持ち、実際に現場に出ている職人は、僕一人ではないかと思います。(・・・たぶん)

賞状の画像を貼り付けているので、職人社長の安藤は自慢をしているのか、と思われる方がいるかもしれませんが・・・

・・・その通りです。
(2008.12.4)


・・・続きです。

この自己紹介ページを作成したのは、5年前のようです。
あれから5年の時間の経過があるなんて、あまりに早すぎる感じがします。

2008年から2013年の間に僕自身いろんな経験をし、とても充実した時を過ごしています。

その経験が僕の自信となり、さらに強い信念を持ち続ける原動力にもなっています。
2010年には、台湾台北市で庭も作りました。その作品の中では、水も使うので、もちろん防水工事も自分で施工しました。

この経験も僕には大きなプラスになっています。
僕はこれからも、職人社長として走り続けていきます。

またいつの日か、この自己紹介ページを更新する時も、自分の意識を再確認し、初心を忘れることなく、引き続き走り続けることでしょう。
(2013.6.6)


画像の説明

断熱材+塩ビシートの断熱防水工法です。
鉄板屋根に断熱材を貼付けて塩ビシート機械的固定工法を施工しています。
当工事店でも断熱材+防水材の断熱防水工法を施工する機会も多くなりました。
近年はそれだけ需要が多くなってきました。

昨年は断熱材+ウレタン防水の断熱工法を施工しました。
仕上げに遮熱コートを塗布するとより効果が上がります。
(2016.2.18)


造園職人
2004年浜名湖花博会場で建仁寺垣を作るために、竹を割っているところです。
僕はアートな日本庭園を作ることが大好きで、よく庭を作りました。
竹垣は日本庭園の必要不可欠な要素の一つです。
(2016.2.18)

ご覧のとおり、どちらも職人社長の安藤です。
(「なんちゃって職人」ではないことは、わかっていただけると思います。)
(2009.5.16)

職人社長安藤のblog-Gooブログ

当工事店を知ってください。

ずばり!当工事店の特色
当工事店の工事内容

職人社長安藤への直行便

お急ぎの方は、職人社長安藤の携帯 090−1814−7992へどうぞ!

雨漏りを斬る! 刺客「必殺雨漏り修理人」が、あなたの依頼をお待ちいたしております。

電話 048−422−8737  ファックス 048−422−8747

〒335-0031 埼玉県戸田市美女木3−17−4
『必殺雨漏り修理人』職人社長の安藤、クリエイトコスモ株式会社